スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲作と日本の自立再生

佐賀県の菜畑遺跡(なばたけいせき)は、3300年-3200年前の遺跡です。こちらの遺跡からは、雨季には水田、乾季は畑として栽培する水稲、陸稲両用の稲が栽培されていたあとがあります。
世界的に、水資源が不足する状況からすると、現在の水稲だけでなく陸稲の改良を行って、乾燥地にも普及させることが必要ですし、遺跡からも見られるように不可能ではないのです。
また、斎庭稲穂の御神勅、の「斎庭之稲」は「ゆいわいなほ」と読みますが、斎庭は、一般に水田と考えられますが、決して水田に限定をした言葉ではありません。そして、穂という文字もいなほ=稲穂だけではなく、米以外の五穀を「穂」と理解しても良いはずです。
そして、延喜式祝詞にも、「八束稲之伊加志穂(やつかほのいかしほ)」とあり、これも稲・米に限定をされているものではないのです。

これら歴史上の御神勅や祝詞から、日本では、稲作を中心としながら、米だけに限定するのではなく、五穀(雑穀)との混作を行うのが必要だと考えられるのです。
もちろん、耕地や労働力にも限界はありますので、それぞれの土地あたりの収穫量とそれに要する労働力、効率を重視して、第一次産業である農業のあり方を策定する必要があります。

そして、都市近郊地域、都市部の農用地を整備し、様々な穀物、食料を供給できるようにし、食料小規模分散型の食料供給体制を検討すべきです。触媒・発酵・養殖技術と農業、畜産業、林業、漁業に適した環境をつくり、食料の生産者と消費者の一体化が実現するのです。「都市の農村化」が、日本の自立再生の根幹となるのです。

『まほらまと』 南出喜久治 著 まほらまと草紙刊 より引用


まほらまとまほらまと
(2009/12/20)
南出 喜久治

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。