スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千座の置き戸 -第15回  天皇の赤子-2/3

毎月1日と15日に國體護持塾 HPに掲載しています
千座の置き戸 原文はこちら 
こちらのブログには読み仮名等をつけた物を掲載いたします。
 本日は2回目


そして、北浦は、これに続いて、「山吹憲法ナドト失礼ナコトヲ申シマシテ、或ハ関係筋カラ私ハ叱ラレルカモ分リマセヌガ
(山吹憲法などと失礼な事を申しまして、あるいは関係筋から私は叱られるかも分かりませんが)・・・」
と発言しましたが、この「関係筋」とはGHQのことです。北浦は、GHQが立憲君主制憲法に偽装して共和制憲法を作ったことを「山吹憲法」という表現で指摘したのでした。

 ですから、占領憲法は、「立憲君主制の憲法」ではなく、「象徴」という全く実体のない美辞麗句(びじれいく)を用いた「共和制の憲法」であり、傀儡天皇(家来天皇)を「象徴」として規定するもので、天皇を共和制国家の単なるアクセサリーとすることを意味しているのです。いわば「お飾り天皇制」なのですから、本質的に天皇を「政治利用」したものなのです。

 従って、占領憲法を「憲法」であると認める輩からすれば、天皇の政治利用は占領憲法の根本精神であるとして、これをどんどんと推進すべきなのに、誰もこれを主張しないのは、余りにも不思議なことなのです。

 ですから、山本太郎議員が天皇を政治利用したと批判することは、占領憲法の精神からすれば、とんでもない「違憲」の主張であり、直ちに粉砕(ふんさい)されなければならないことだったのです。

 ところで、山本議員の天皇に対する直訴は、田中正造の直訴と同様か否か、請願法に照らして違法か否か、などという議論がありましたが、これらは、極めて次元の低い議論です。問題の本質は、そんなところにあるのではありません。
 そもそも、山本議員は、議員であるゆえに、園遊会という限定された特権的機会に参加できたのであり、この特権を附与したのは一体誰なのか、ということです。
 政治家や著名人などに限定し、その者だけに園遊会に出席できるという特権を付与するのは、天皇の赤子を「成果主義」とか「功名主義」によって公然と差別し、一視同仁(いっしどうじん)の大御心(おおみこころ)に悖(もと)ることなのです。

 園遊会の参加人数に制約があるのであれば、全国的に抽選にて平等の方法で選別すればよいのではないでしょうか。
 昨今の問題意識には、この視点が全く欠落しているのです。

 このことこそが重大問題なのであると初めに指摘したのが、血盟団事件で、元大蔵大臣である井上順之助を暗殺した小沼正であると私は思っています。
 小沼は、御大典(ごたいてん)の特別観兵式の日に青山で陛下の行幸(ぎょうこう)の列に出くわした際、洋服を着た者だけが沿道に通され、仕事着の法被(はっぴ)を着た職人の小沼は警官から沿道に出るのを阻止されました。

 身なりや外観的なもので社会的地位を判断されて差別されたのです。そのとき、小沼は、「私達だっても天皇の赤子じゃないか」と憤慨(ふんがい)したことが、井上日召(にっしょう)の血盟団事件に参加して、天皇と赤子とを隔てる特権階級を膺懲(ようちょう)することの動機の一つとなりました。

 小沼は、血盟団事件の裁判において、「私としては沿道に於(おい)ても天皇の行列を拝(はい)そうとするのを阻むのは天皇の御心ではない。中間に居る無理解なる役人達が阻止するのだと言う風に感じました。」と述べ、「今の特種特権階級なる者が、皇室と国民の中間に介在して、而(しか)して皇室をして国民の生活の中から分離して仕舞った、而して皇室の御聖徳(ごせいとく)は彼等によって中断させてしまった。」と獄中手記でも書いています。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。