スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千座の置き戸 -第十三回 児童相談所の正体-3/3

毎月1日と15日に國體護持塾HPに掲載しています。
千座の置き戸 
こちらのブログには仮名遣いを変更し一部に読み仮名をつけたものを掲載いたします。


連載 千座の置き戸(ちくらのおきど)

           第十三回 児童相談所の正体

                    南出喜久治(平成26年10月15日記す)

おやこまご たちかはりたる よよやから かはらぬものは いへのとこしへ
(親子孫立ち替はりたる代々家族変はらぬものは家督の永遠)



 ところで、児童福祉法が制定された翌年の昭和23年に、GHQの占領下で制定された「警察官職務執行法」が制定されますが、その第3条には、「迷い子」などを「保護」する規定があります。昭和23年というのは、児童福祉法が制定されたその前年の昭和22年よりも戦争孤児や浮浪児が激減した時期で、児童福祉法の補完(ほかん)として、行政警察作用としての「保護」制度が規定された訳です。この規定による「保護」は、24時間を超えてはならないもので、これ以上延長する場合は、簡易裁判所の裁判官による「許可」を必要とし、しかもその延長期間は「5日」を超えてはならないのです。
 この警察官職務執行法の「保護」こそが本来の「一時保護」であり、児童福祉法の「一時保護」は「長期保護」と名称を変更しなければならなかったはずです。いずれにしても、児童の「保護制度」について、児童福祉法と警察官職務執行法とは、著しくその制度と運用が異なり、現在もなお明らかに「二重基準」(double standard)になっているのです。

 しかも、児相の一時保護は、その殆どの運用において、親との面会と通信を全部制限する措置が執られています。これによって親子の「完全隔離」をするのです。どうしてそのようなことをするかと言えば、子どもが親元に帰りたいと希望することを親に知らせたくないからです。1か月でも長く子どもを拉致し続ければ、拉致報奨金が支給されて児相は利益を受けるからです。親元に帰りたいと強く要求する子どもが施設内で騒ぐと、施設の管理に支障を来しますので、これを押さえ込む必要があります。

 そこで、子どもに、大人でも副作用が懸念される向精神薬を投薬して、子どもを騒がなくさせるのです。

 児童虐待防止法が制定された平成12年に大量の向精神薬が認可されましたが、実際にあつた事案では、①オーラップ、②ミラドール細粒(さいりゅう)、③デパス、④リスパダール錠、⑤レキソタン、⑥デプロメール、⑦メプチン、⑧オノン、⑨ルボックス錠、⑩重質(カマグ一般名 酸化マグネシウム(カマ)、⑪レボトミン、⑫タスモリン、⑬ベンザリン錠、⑭ラキソベロン、⑮ホクナリン、⑯セルテクト、⑰キュバール、⑱アーテン、⑲強力レスタミンコーチゾンコーワ軟膏、⑳亜鉛華軟膏(あえんかなんこう)など児童に対して、危険な重い副作用のあるものを継続的に大量投薬しているのです。さらに、現在では、パキシル錠、エビリテァイ錠などの一段と危険で重い副作用のある劇薬の向精神薬を投薬するようになってきています。

 このようなことについては、昨年6月に福祉社会学会が発行した『福祉社会学研究10』の「児童養護施設の職員が抱える向精神薬投与への揺らぎとジレンマ」と題する論文に、には、その赤裸々な実態が暴露されています。

 「なんでも症候群」と言いますか、精神科や心療内科では、子どもに対して、多動性(たどうせい)症候群だとか、発達障害だとか、愛着障害などと勝手な病名を付けて、子どもを何でもかんでも病気として決めつけ、そのことを根拠にいろいろな薬を投薬するシステムが出来上がつてしまったのです。精神科医と薬屋(製薬会社)が結託して、向精神薬などを垂れ流し、大人も子どもリピーターにして巨大産業にのし上がってきました。前掲論文でも、アメリカでそのことは問題となっており、「問題症状のある子どもをおとなしくさせるために向精神薬を使用することは虐待行為につながる」と指摘されているのです。

 このようにして、親子が分断され家族が崩壊し、子どもの心身が壊されて行くのです。前回(「千座の置き戸」第12回「元号と皇紀と世界暦」)でも触れましたが、これは、ロシア革命においてレーニンの唱える家族制度の廃止を推し進めたアレクサンドラ・ミハイロヴナ・コロンタイという女性革命家の政策、すなわち、家族制度は、封建時代の産物であり、かつ、資本主義の温床であるとした上で、資本主義社会における女性労働者の増加により家族の解体が進み、共産主義社会では、さらにそれが促進され、家事と育児の社会化によって女性は解放されて家族は消滅するとする「女性解放論」を唱えて事実婚を奨励する政策が、時空を超えてわが国において、児相という尖兵によって、家族の解体によって個人主義を徹底させる革命政策以上のものが現代日本において推進され、祖国が解体されて行く姿なのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。