スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載 千座の置き戸 第七回 学問と生活-1/5

毎月 1日と15日に塾HPに掲載しております。 千座の置き戸 7月15日分を
こちらのブログにも掲載いたします。
ブログには読み慣れた仮名遣いに変更した物を掲載しております。
元の文章は こちら


連載 千座の置き戸(ちくらのおきど)

           第七回 学問と生活

                    南出喜久治(平成26年7月15日記す)

いにしへゆ こころといのち はぐくむは うたとまつりの くにからのみち
 (古昔より心と命育むは和歌と祭祀の国幹の道)

 「井を掘るは水を得るが為なり。学を講ずるは道を得るが為なり。水を得ざれば、掘ること深しと云ども、井とするに足らず。道を得ざれば、講ずること勤むと云ども、学とするに足らず。因て知る、井は水の多少に在て、掘るの浅深に在らず。学は道の得否に在て、勤むるの厚薄に在らざることを。」
 これは、吉田松陰の『講孟余話』の一節です。

 私は、この一節を座右としてきました。若い頃は学者の道を志したときもありましたが、それができない家庭環境にあったので、別の道を進みました。それまで、数学で身を立てようとした私に、恩師三澤貫一郎先生は諭された。「学問の才能があるからといって大成するとは限らない。特に、君は政治に関心がありすぎてその発言が過激だ。だから途中で学問を投げ出して政治の道に走ることになり、学問の道は必ず挫折する。だから、初めから学問の道を志さずに、政治の道を志した方がよい。」と。
 そして、「学問も政治も、それを職業化したときから道を誤って腐敗するから、そのことを肝に銘じなさい。」とも言われた。

 そのときに私の心に響いたのが吉田松陰のこの一節でした。藩校の明倫館で学ぶことなく、いきなり10歳にして山鹿流軍学師範として明倫館で講義をした吉田松陰は、その後、職業とすべき山鹿流軍学だけでは祖国の国防ができないことを悟り、いわば学問の流浪者、偉大なる学問的素人となって、様々な人に教えを乞ひ、あらゆる情報を吸収して祖国の再生のために邁進しました。そのことは、私にとって強烈に魅力的な生き方を示唆してくれました。それ以来、学問を職業化することは、私利私欲や保身によって大きな弊害を生むことがあり、その学問が本来目指していた目的から大きく外れてしまうと考えて、どのような学問であっても専門学者の考えは正しいという先入観を一切捨てて、競争相手となろうという考えになりました。批判的精神が学問を進歩させるものなので、プロ意識とかアマチュア意識ということで縛られることは愚かなことだと思いました。

 ですから、憲法学や国法学、政治学や経済学などにおいて、誰も疑問を持たない事柄についても、自分が納得できない限り、徹底した理解を深める姿勢を貫きました。この反骨精神が今までいろんな学問を続けられてきた秘訣でもありました。

 その結果、真正護憲論と自立再生論の理論的体系を完成することができたわけで、それが完成した後は、私自身がその理論の批判者として自問自答して今日に至っていますが、未だにこの理論上の致命的欠陥も見いだせず、また、これに代わりうる優れた理論もないことから、論理的に堅固な比類なき仮説として、他の一切の学説に優越するものであるとの自負があります。

 ところで、今回は、憲法学、国法学、政治学、経済学、社会学など学問全般についてではなく、歌詠み人としての立場から、万葉集について所見を述べてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。