スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖戦 大東亜戦争


日本近現代史を振り返るたびに思うのが、伝統あるご皇室を敬愛し、慎ましやかで親切な日本人がなぜあのような大戦争の主役を演じることになったのか。日本人が野蛮でないことはもちろんだが、それどころか、外国文化をしなやかに受容し、アジアでは二番目の近代憲法となる帝国憲法を制定した。日本は独自の近代化の道を歩んでいた。にもかかわらず、敗戦後、戦前の日本は非民主国家であり、誤った国家であったと教え込まれてきた。そして、戦死者を「犬死」とまで蔑む教育を受けてきた。私はこの「犬死」という言葉を戦没者に吐く人を見るたびに、ぶん殴りたくなる。しかし、このような教育も今日ではGHQの日本弱体化工作によるものであったことが明らかとなりつつある。従って、我々は、GHQが主張するように大東亜戦争を日本軍国主義による誤った侵略戦争などと一義的に解釈することはもはやできまい。むしろ、聖戦であったと認識してもよいのである。以下、南出先生の文章を引用した。

「大東亜戦争は結果的には欧米列強による世界植民地支配構造の野望を打ち砕いた。欧米は、植民地支配の独占をという当初の目論見が外れ、その植民地の大部分を失った。東亜諸国では、日露戦争から大東亜戦争に至る過程で、我が国が「白人不敗神話」と刺し違えたことによって、東亜諸民族に民族自決の自信と勇気が蘇り、大東亜共栄圏建設のための第一段階である、各民族の自決による独立国家建設が実現した。さらに、それはアフリカや中南米諸国などにも波及して、多数の独立国が誕生したのである。
 それまで白人は神と人との中間に位置する「半神」として存在していた。(中略)ところが、世界の人々は、日露戦争で我が国が勝利したことによって、白人不敗神話の崩壊を見た。そして、大東亜戦争によって、白人支配の崩壊が現実となった。その当時、有色人種を支配し奴隷としてきた連合国がその後に作った国際連合の事務総長に、有色人種を就任させる時代になるということを、一体誰が想像しえたであろうか。
 この想像を絶する現実を導いたのは、紛れもなく我が国が身命を賭した東亜百年戦争なのである。その意味において、大東亜戦争は、歴史上最大の聖戦である。」

すべての悪の根源は欧米列強の植民地主義による。欧米列強の暴力がなければ、日本も東亜の解放という難題に取り組む必要はなかった。この事実を、日本は言うに及ばず、欧米諸国こそもっと真摯に受けとめるべきである。そもそも大東亜戦争が侵略を目的としていなかったことは、昭和天皇による玉音放送からも明らかである。次の箇所はぜひ記憶に留めておいていただきたい。「抑ゝ帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス然ル」(そもそも日本国民の平穏無事を図って世界繁栄の喜びを共有することは、代々天皇が伝えてきた理念であり、私が常々大切にしてきたことである。先に米英二国に対して宣戦した理由も、本来日本の自立と東アジア諸国の安定とを望み願う思いから出たものであり、他国の主権を排除して領土を侵すようなことは、もとから私の望むところではない。)大東亜戦争はまだ経験者が生きており、公文書もすべてが公開されているわけではない。まだ歴史にはなりきれていない。しかし、いつの日か日本が名誉を回復する日が来るものと願いたい。

               南出喜久治 著 「かへるうぶすな」より抜粋
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。