スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千座の置き戸(ちくらのおきど) 第二回 プレスコードと占領憲法-1/3

連載 千座の置き戸(ちくらのおきど)

           第二回 プレスコードと占領憲法

                    南出喜久治(平成二十六年五月一日記す)

てをつかね ひざをかがめて うけいれし あだのてしたを うちてしやめぬ
(手を束ね膝を屈めて受け入れし仇(GHQ)の手下を討ちてし止めぬ)

 もうすぐ今年も5月3日(似非の憲法記念日)がやって来ますが、この虚構の記念日の存在こそが「戦後レジーム」の象徴なのです。
 占領憲法は帝国憲法を改正した形式になっていますが、そうであれば、「憲法改正記念日」とすべきで、本当の「憲法記念日」とは、帝国憲法の施行日である11月29日のはずです。「敗戦」なのに「終戦」と言い、「占領軍」なのに「進駐軍」、「解放軍」(日本共産党)と言い、「日本弱体化」、「社会主義化」を「民主化」と呼び、そして、停戦後の「被占領状態」、「抑圧状態」のことを「平和状態」とすり替え、「停戦時限定憲法」にすぎないものを「平和憲法」と言ってみたり、自衛隊を軍隊ではないと強弁したりします。そんな占領憲法の虚構が積み上げられてきた原因の一つに、GHQ主導で占領下に「憲法普及会」という全国組織が作られて、占領憲法が自主的に制定されたすばらしい憲法であるとする大嘘の大洗脳運動が展開されたことが挙げられます。全国的に繰り返し繰り返し広範な洗脳運動がなされることによって占領憲法の正体が隠蔽され、占領期の国民を完全に欺してきたのです。そして、それが第二世代、第三世代へと洗脳状態が引き継がれて現在に至っています。

 敗戦直後の我が国は、巷には戦争孤児や浮浪児などの「欠食児童」が溢れ、戦争による食料生産が著しく低下したことによる食料難の状況で、多くの軍人軍属が復員したこともあって、食料の絶対的不足の状況が起こり、当然のように多くの餓死者が巷に溢れました。戦争孤児たちは、米穀通帳がないので配給米すら受けられずに多くが餓死しました。野坂昭如氏の『火垂るの墓』という作品もこのような時代を描いたものでした。

 食糧管理法による食料配給は戦前では機能したものの、敗戦後では、国民の命と健康を到底保てません。ですから、国民は、最優先課題であるこの死活問題に対処するために、緊急避難として闇米(闇物資)に手を出します。しかし、それを罰則を以って禁止する違反者を裁く東京地方裁判所の山口良忠判事は、その矛盾と格闘し、闇米などを口にすることを拒んで餓死してしまったのもこの頃でした。
 この時期は、憲法改正の是非とその内容の是非を直接に問う総選挙も行われず、国民の手の届かないところで憲法改正作業が続けられ、巷では、「憲法よりも米よこせ」というデモが繰り返された最中に起こった事件でした。「正直者は馬鹿をみる」と言った言葉で、世間は山口判事の死を冷たく捉えました。

 憲法普及会では、政府の財政支出により『新しい憲法 明るい生活』という全文30頁に亘る洗脳文書を2,000万部発行して、全世帯に配布しました。餓死者の総数は戦死者を遙かに超えていましたが、闇米や闇物資はGHQや政府によって横流しされ、それを特権的、優先的に得て豊かな生活を維持してきた政府首脳、官僚、政治家、憲法学者などで憲法普及会は構成され、GHQの走狗となって踊らされ、「憲法よりも米よこせ」という一般国民の声を無視して、飢餓に苦しむ国民に食糧を与えるよりも腹の足しにならない洗脳文書を与え、これに協力する者には闇米を与えたのです。

 また、GHQは、このような方法以外に、キリスト教の教会を経由して、国民をキリスト教に改宗させるために、教会に救いを求めて群がる人々にも特別に闇米を横流ししたのです。このようなキリスト教宣教師による洗脳工作は、支那での反日・侮日運動にも利用されましたし、朝鮮戦争時における韓国でも用いられました。しかし、これだけは結果的に我が国では改宗効果がなかったのです。支那や韓国では、キリスト教信者を多く増やして今日に至りますが、我が国では、歴史的にもキリシタン禁教令で阻止されたように、宣教師による洗脳に欺される人は少なかつたものの、占領憲法をすばらしいものだとする憲法普及会を中心とする洗脳運動が余りにも大規模で徹底的であったために、結果的には洗脳は大成功を収めたのです。

 ですから、占領憲法は、「闇米憲法」です。国民が「闇米」で命をつないでいるドサクサに紛れてできたものだからです。また、「米」(GHQ)が「闇」(思想統制下、言論統制下)に紛れて作られた偽憲法であることも意味します。「正直者が馬鹿をみた」欺瞞の姿が占領憲法だったのです。

 米(GHQ)が闇(思想統制下、言論統制下)で作ったのは、占領憲法だけではありません。様々な法令や制度、政策などがあります。それを国民に疑問を抱かせずにGHQの思うとおりに推進させるためには、思想統制、言論統制、検閲が必要です。そのためのものが「プレスコード」です。プレスコード(Press Code for Japan)とは、GHQの軍事占領下で、新聞などの報道機関を完全統制するために発せられた諸規則を言い、江藤淳氏の調査によって」公式に証明されたもので、以下の30項目に及びます。

1 SCAP(連合国軍最高司令官もしくは総司令部)に対する批判
2 極東国際軍事裁判批判
3 GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判
4 検閲制度への言及
5 アメリカ合衆国への批判
6 ロシア(ソ連邦)への批判
7 英国への批判
8 朝鮮人への批判
9 中国への批判
10 その他の連合国への批判
11 連合国一般への批判(国を特定しなくとも)
12 満州における日本人取り扱いについての批判
13 連合国の戦前の政策に対する批判
14 第三次世界大戦への言及
15 冷戦に関する言及
16 戦争擁護の宣伝
17 神国日本の宣伝
18 軍国主義の宣伝
19 ナショナリズムの宣伝
20 大東亜共栄圏の宣伝
21 その他の宣伝
22 戦争犯罪人の正当化および擁護
23 占領軍兵士と日本女性との交渉
24 闇市の状況
25 占領軍軍隊に対する批判
26 飢餓の誇張
27 暴力と不穏の行動の煽動
28 虚偽の報道
29 GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及
30 解禁されていない報道の公表

 これらは、今もなお、マスメディアに生き続けていることが実感できるはずです。それは、占領憲法が、プレスコードによる洗脳政策の総仕上げとして、講和独立後においてもプレスコードを固定化するために必要な装置だからです。
 つまり、占領下で保身のために受け入れたマスメディアはGHQの走狗となり、現在もその路線を突き進んでいます。

その中心となっているのが、NHKや各民放、大手の新聞社など殆どのメディアが加入している『社団法人日本新聞協会』です。この協会は、このプレスコードによるGHQの検閲実施下において、GHQの指導により誕生したGHQの傀儡団体です。

注*本文は塾HPに掲載されています。こちらはブログ用に仮名遣いを変更、読み仮名を一部に付けています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。