スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新連載 千座の置き戸 第一回 逆事と祭祀-1/2

新連載 千座の置き戸が始まりました。

塾HP掲載の原文はこちら 千座の置き戸(ちくらのおきど)〈続・祭祀の道編〉

こちらのブログにはかなと一部に読み仮名を付けた物を掲載いたします。


連載 千座の置き戸(ちくらのおきど)

              第一回 逆事と祭祀

                    南出喜久治(平成二十六年四月一日記す)

いとしごの あらきのにはに うちふして あすのわかれに なみだあふるる
(愛し子の殯の庭に打ち臥して明日の別れに涙溢るる)
うちしづむ こころのなみに ただよひて あがこのかげを したふゆうぐれ
(打ち沈む心の波に漂ひて吾が子の影を慕ふ夕暮れ)
さかごとの ちくらのおきど おひてなほ ひたすらあゆむ くにからのみち
(逆事の千座の置き戸負ひて尚只管歩む國柄の道)
さかごとに などてたやたふ ことやある いにしへびとの たどりきしみち
(逆事に何どて揺蕩ふことやある古人の辿り来し道)
さりとても やむにやまれぬ かなしさを いかでわするる ことぞあらんや
(然りとても止むに止まれぬ悲しさを如何で忘るることぞあらんや)
ひとりゆく こころけだかき いとしごよ わがみちてらす ともしびとなれ
(一人逝く心気高き愛し子よ我が道照らす灯火となれ)


 「祭祀の道」の連載を終へ、新たに「千座の置き戸」として、これからは内外の時事問題なども視野に入れた新たな連載を開始することにします。まず、第一回は、「千座の置き戸」の名前に由来する話から始めます。

 親より子が先に亡くなることを大和言葉で「さかごと(逆事)」と言ひます。仏教や儒教などでは、これを「逆縁」と言って忌み嫌いますが、古神道による祭祀の道では、そんなことはありません。死を悼むことはあっても忌み嫌うものではないのです。神道で死を汚れとするのも、おそらくは儒教や仏教の伝来、それに延喜式による神道の変質によるものと思われます。「祭り」というのは「奉り」の類語で、祖先や一族の死者の霊を迎えて、手向け物を献上し、神人共食で語り合うことですから、死者を忌み嫌うことはないのです。

 逆縁という言葉は、そもそも仏教用語で、仏に反抗し、悪事をなし、仏道を誹った(そしった)ことが逆に仏道に入る因縁となることを意味しますが、それが転じて、親が子の供養をするなど、年長者が年少者の供養をすることの意味になりました。

 そして、儒教では、逆縁は最も親不孝なこととされ、忌み嫌われることとなり、我が国でも、親は葬列では子の位牌や遺影を持ってはならないとか、親は火葬場に行ってはならないなどの風習が広がりました。特に、儒教の強い形骸が残る韓国では、今では少なくなりましたが、逆縁では密葬して葬式をしないことも昔はありましたし、祖先の墓に納骨させないこともありました。こんなことは到底納得できる話ではありません。

 「親が死に子が死んで孫が死ぬ」

 これはめでたい意味の俳句として詠まれましたが、これは逆縁ではなく順縁を説いたものだからです。しかし、子が親よりも前に先立つことは、子が身勝手な自殺をしたのではない限り、どうしてそれが「親不孝」として忌み嫌はれるのか理解に苦しみます。一神教的で、しかも一方方向的な祭礼を重視した形骸化した儒教だからこそ、そんなことを言うのです。子が先立つのは、決して「親に対する不孝」ではなく、「親の不幸」であって、子に責任はありません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。