スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国参拝と安倍総理

安倍総理が靖国神社の秋季例大祭への参列を見送る、とのニュースが流れている。私個人の見解は安倍総理は靖国神社に行かなくてもよい、というものである。一般的に保守陣営はこのような私の考えに反発することと思われる。しかし、安倍総理は改憲論者であることを忘れてはならない。

惜しくも、我が国が戦争に敗れたとき、GHQは講和の条件として国際法に違反し、また帝国憲法の改正条項に違反してまでも占領憲法を叩きつけたのである。これほどの屈辱を我が国は受けているにも拘らず、安倍総理はこれを憲法であるとして、改正までして用いるつもりなのである。このような人物が英霊を慰めることができるであろうか。否であると断言する。英霊は我が国の國體を護持するために命を落とされた。当然、靖国神社に行く者は英霊の意志を受け継がなければならない。そして、参拝するときには、英霊に深々と頭を下げると同時に、自らも國體を護持することを誓わなければならない。米国から受けた屈辱を袚うことを誓わなければならないのである。

動画にも残っているが、安倍総理は占領憲法の無効性について認識している。にもかかわらず、総理は占領憲法の無効を一切封印し、占領憲法の改正を常に掲げている。この人物に國體護持の意志はあるのだろうか。甚だ疑問である。あったとしても二の次であろう。英霊の意志を受け継ぐには、まずは米国が楔のように打ち込んだ占領憲法を無効宣言し、そして、今現に存在する占領体制を打破する志を固めなければ、意味がない。

保守陣営は安倍総理が靖国神社に行かなければ、支那や朝鮮に屈することになる、という論を展開する。しかし、考えてみてもらいたい。占領憲法の前文には「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高(すうこう)な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とある。我が国は「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼」することになっているのである。もし、これが有効だとするならば、支那や朝鮮が我が国の総理に靖国神社に行くことを咎めたとき、我が国は、公正と信義において信頼に足る平和を愛する諸国民が言うのだから、この咎めに屈するしかない。従って、総理大臣が支那や朝鮮の批判をよそに靖国神社に参拝することは占領憲法に違反する恐れがある。当然、参拝を控えるのが正しいという結論になる。

もし、これに我慢ができないのであれば、安倍総理は占領憲法は無効であることを堂々と宣言し、胸を張って靖国神社に参拝すればよい。支那や朝鮮が文句を言うものなら、「私は今占領憲法が無効であることを確認しました。よって、帝国憲法が現存しています。総理大臣として靖国神社に参拝することは当然です」と言えばよい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。