スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭祀の道 第五十三回 オキテとノリ

毎月 1日に 塾 HPに掲載しております 祭祀の道 こちらのブログには少し読み仮名を付けたり、カナを変えた物を掲載しております。

元の文章はこちら → 祭祀の道 第五十三回 オキテとノリ


 ふさがれし うみくがのりを はなつちは たみのいさみと こころのおきて
(塞がれし(占領されし)海陸(皇土)法(法体系)を放つ(解放する)道は民(臣民)の勇み(勇気)と心の掟(心構へ))

 これは、『國體護持總論』第五章「復元改正と統治原理」の冒頭歌です。
 敗戦により皇土が外国に占領され、生活や法体系まで干渉されて変更を余儀なくされたまま現在まで継続している状態にありますが、真の独立と解放が実現し、祖国を再生するためには、臣民の叡智を結集し勇気を奮い立たせる必要があります。
 我が国には、根本規範、最高規範である規範國體が存在しているとの潜在的な規範意識を顕在的に回復することがその第一歩となるのです。
 この歌は、そのことを詠んだものですが、ここには、「ノリ」と「オキテ」という二つの言葉が出てきます。ここでの「ノリ」とは、法令、法体系のことであり、「オキテ」とは、これを超えた上位の最高規範である規範國體のことです。「こころのおきて」というのは、規範國體の規範意識こそが臣民の心構えであることを意味します。

 一般には、「ノリ」と「オキテ」とは同義語として用いられて厳密な区別はされていませんが、今回は、この両者の区別について詳しく述べてみたいと思ひます。

 まず、「ノリ」は、日本書紀では、法律、法則、法式、典、制の漢字をノリと訓じています。それ以外にも、ノリは、規、憲、範で表はされます。ノリは、「宣る」、「告る」であり、コトバとして発せられるものです。

 これに対し、オキテは、掟という漢字が当てられています。この語源は「置き」であるとする説が有力ですが、それによると「置き」+「つ」(完了の助動詞)の名詞形とされるのですが、これには余り説得力がありません。
 おそらく「オキ」(沖)+「テ」(手)だと思います。オキは、「沖」を意味する大和言葉であり、「奧」(オク)の漢音と類似することから、奧の漢字の意味と重なつて意味が深まったものでしょう。
 つまり、陸地から遠い海や湖沼の方向をオキといいますが、奧の意味と重なって、高貴な意味を持つことになりました。隠岐の島、沖の島というのも、このオキの意味があります。これは、前回(第五十二回)の「アマとアメ」で述べたとおり、アマテラスオホミカミの「アマ」の思想と重なるものです。

 オクノテ(奥手)というのは、左手のことです。左手は心臓に近い尊い手であり、官職でも左が上位です。古事記では、アマテラスオホミカミは、イザナギノミコトが阿波岐原で禊祓いをして左眼を洗われたときに成り生せるカミです。
 ところが、外国ではこの逆です。古代の支那では、右が尊いもので、左道とは不正なことを意味します。英語でも、右(right)は正しい意味があります。

 ところで、ノリとオキテに共通する意味は「規範」のことですが、オキテの場合は、初めから決まっている運命的なものを意味するのに対し、ノリの場合は、新たに作られたものをも意味することになります。

 よはいかに ひらけゆくとも いにしへの くにのおきては たがへざらなむ

 これは、明治天皇御製ですが、ここで示されている「くにのおきて」の意味は、初めから存在するもので、「規範國體」のことです。作られた法ではなく、発見された法(初めからある法)であるとする所以はここにあります。ノリとオキテを対比させる場合は、ノリは作られた法、オキテは発見された法(初めからある法)として区別されます。

 ノリは、言葉に由来するので、発せられる言葉によって作られるのに対し、オキテは、初めからあるものです。オキ(沖)やオク(奧)は、人が存在する前からあるものであり、コトバ以前の存在だからです。人の思考や生死とも関係なく初めから存在するものだからです。

 オキテは始源的、根源的なものですから、オキテとノリとは、主従の関係にあります。ノリは、オキテ(規範國體)を根拠として発せられるもので、オキテに背くノリというものは存在根拠がありません。「天皇と雖も國體の下にあり」ですから、「ノリと雖もオキテの下にあり」ということなのです。

 このような、オキテとノリの関係に類似したものは他にもあります。たとえば、「キヅナ」(絆)と「チギリ」(契り)との関係です。

 キヅナとは、「キ」(キリ、限)+「ツナ」(綱)であり、繋ぎ止められた断ちがたい運命的な繋がりのことです。これに対し、チギリとは、テ(手)+ニギリ(握り)が音韻変化した言葉で、約束を意味する言葉です。

 東日本大震災による復興支援において、キヅナ(絆)といふ言葉は広く使われるようになりました。このキヅナは、震災前にあった全国的な連帯意識を意味しています。初めからあったものなのです。被災地と被災地外との間で新たに結ばれるチギリ(契り)ではないのです。

 夫婦になる初めはチギリによるものですが、そのチギリを結んだ後ではキヅナになります。夫婦のチギリを深めることによって夫婦のキヅナが生まれるのです。これはチギリによって築かれる関係ですが、チギリを運命的に捉えれば、チギリ前のキヅナがあると受け止められるのです。夫婦の出会いを運命論で語ろうとする心情は、人と人との関係を人類に共通した本能というキヅナを意識することから生まれます。

 また、親子や兄弟などの関係はチギリによって生まれるのではなく、初めからキヅナなのです。だからこそ、被災地の人々と全国の人々とが、親子や兄弟のように日本人全体を家族総体としてのキヅナがあると自覚するのです。

 そして、本能が強化されると、このキヅナを深く意識します。キヅナは、親子、兄弟、夫婦、朋友というように身近なところから、近所、地域、同郷、国家、世界へと広がって行きます。

 しかし、たとえば、東日本大震災による復興支援において、「キヅナ」という言葉を囃し立てる人にありがちなことは、自分の親や子供、配偶者とのキヅナ意識と行動の弱さに対する負い目から、他人に奉仕することで責任逃れする傾向があることです。

 うまれあふ よそひとたちと むつむよに ひとしほおやと こころかよはせ
 (生まれ会ふ余所人たちと睦む世に一入親と心通はせ)

 いたましき あまたのひとを たすけける さかしらひとの おやはいかにか
 (痛ましき数多の人を助けゝる賢しら人の祖は如何にか)

の二首は、身内へのキヅナを疎かにして、他人とのキヅナを深めようとすることの愚かさを自覚して欲しい思いで詠ったものです。人間関係において、最も中心に位置する身内のキヅナが空洞化して弱くなれば、他人とのキヅナは深まるはずがありません。「博愛」、「汎愛」の精神というものは、本質的に偽善が忍び込んでいるのです。
 身内のキヅナが何よりも強いものにならなければ、部族全体、民族全体のキヅナは弱まり、民族自体が本能的に劣化し、将来における生存が危ぶまれるのです。強い身内へのキヅナがあってこそ、地域や国家のキヅナを強くすることができるのです。

 このように、社会の規範や関係性については、始源的なものと後発的なものがありますが、この違いを観念的に理屈では判りえても、これらの中心部分と周辺部分とが連続的かつ一体性のあるものであることを本能的に感得できる方法は、やはり祭祀の実践しかないということです。
 天皇だ、保守だ、伝統だ、憲法だ、典範だ、祭祀だ、などと理念だけで騒ぎ立て、家族も持たず子育てもせず、親子や家族のキヅナや生活を守る力もなく、モノもウタも作れず、祭祀を日常的に実践できない人には、喧しく能書きを並べ立てる言動をするような資格はありません。これすら自覚できず実践もできないことについて恥を知るべきです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。