スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭祀の道 52 アマとアメ

塾HPに毎月1日に掲載しております、祭祀の道 こちらのブログには仮名遣いを普段なれた形にした物を掲載させていただきます。

元の文章は こちら 第五十二回:アマとアメ【祭祀の道】(25.07.01)


(青少年のための連載講座) 祭祀の道

           第五十二回 アマとアメ

                    南出喜久治
                    平成二十五年七月一日記す

めでたきは はつぞらあけて あまてらす ひのもとおはす すめのみいつぞ
(愛でたきは初空明けて天照らす日の本御座す天皇の御稜威ぞ)

 アマテラスなどの「アマ」の言葉は、漢字語では「天」である。しかし、「天」の大和言葉には、「アマ」以外に、「アメ」もある。そして、「アマ」とも言ひ、「アメ」とも言う漢字語には、「天」以外に「雨」もある。

 そうしたことから、「アマ」は「アメ」の古語であり、同じ意味だとする見解がある。確かに、天、雨を含む言葉には、アマともアメとも言うものがあり、そういう考えにも一理はあるが、どちらが「古語」なのかは必ずしも定かではない。

 どちらが古語であるかは、言語学などによって探求すべきものではあるが、古事記、日本書紀や言語学的基礎の研究してみると、「アマ」は「アメ」の古語であるとする見解(仮説)には大きな疑問が出てくる。
 この論考は、このことを踏まえたものであるが、肩の力をすべて抜いて、感性で読み進んでほしい。

 まず、思うのは、「海」の漢字語については、アマと言うがアメとは言わない。海に縁のある海人、海士、海女もアマと読んでいる。もし、「アマ」は「アメ」の古語とすると、天をアマともアメとも読むのであれば、海も同じようにアマともアメとも読んでもよいはずが、海はアマとしか読まない。
 そうすると、大和言葉のアマとアメとは、同じではなく語源が違うのではないかと素朴な疑問が出てくる。

 海は、ウミとも言う。古事記には、「宇美」とあることから、ウ(大)ミ(水)なのだとする説もあるが、これもおかしい。「宇」の漢音がウであって、「大きな屋根」を意味するために、漢字語の「宇」から、和音のウの意味を導くのは誤りである。だから、「ウ」が漢字語の「大」の意味であるとすることできない。
 万葉期には、沼、湖、海の漢字語で表せる「みづたまり」(水溜まり)のすべてを「ウミ」と言ったので、水たまりが大きいか小さいかではなく、「ウミ」という大和言葉は、生命をウム(生む、産む)ミ(水)が語源ではないかと思うのである。

 漢字語の「天」を意味する大和言葉は「アメ」である。古事記にも天地開闢のときの元始神であるアメノミナカヌシノカミも「アメ」である。もし、アマがアメの古語であれば、これはアマノミナカヌシノカミと呼ばれなければならないはずである。このことからしても、アマがアメの古語であるとする見解は破綻している。

 また、デジタル的な「天地」二分論では、天地は「アメツチ」と言い、天下は「アメノシタ」であって、決して「アマツチ」とも「アマノシタ」とも言わない。

 そうすると、天も海もアマというのは、太陽が東の海、浜、山から上り、天空を駆けて西の海、浜、山に沈み、これが永遠に繰り返すことから、太陽の住み成す所がアマと呼ばれるようになったのである。

 そういふことから、アマ(ama)は、天であり海であり、その同類語として、山(yama)や浜(hama)もアマ(ama)である。
 そして、太陽は、日(ヒ)であり火(ヒ)であり、神の霊(ヒ)であって、霊(ヒ)は霊(タマ)であり玉(タマ)であるから、やはり「tama」であって、これも「ama」の同類語である。

 だからこそ、アマテラス(天照)であってアメテラスではない。アマツカミ(天津神)であってアメツカミではない。高天原は、タカマガハラ、タカマノハラであって、「アマ」であって「アメ」ではない。

 このことからして、アマとアメとは語源的には異なるものと言える。
 「アメ」は、支那、朝鮮、北ユーラシア系のデジタル的な理念に基づくコトノハであり、「アマ」は、海洋系のアナログ的な理念に基づくコトノハであって、両者は、その発生起源を異にする別のコトノハなのである。

 すなわち、アマは、太陽が海山から上り天空へ進み、そして海山に沈んでこれを繰り返すという循環無端のアナログの壮大な世界である。太陽は、日没から日の出までの間は、天空の裏側(ヨミノクニ)を通過するのである。つまり、アマは、水平的、循環的、連続的なものである。
 アマネシ(遍し)とは、アマに接尾語の付いた言葉で、上下(垂直)、四方八方(水平)の広範さを示すものである。

 これに対し、アメは垂直的、二分的、分断的である。天地(アメツチ)の間には何もなく、天(アメ)と天下(アメノシタ)に二分される。天と地は遠く隔絶されて決して交わらない。

 ところが、古事記や日本書紀では、アマとアメとが混在し、アマを主として、アメを従とする。アマとアメとは相反する概念ではあるが、これを二分法的に峻別し、アマだけにしなかったのである。二分法的に峻別するのは、やはりアメの思想である。古事記、日本書紀は、アマの思想であったから、従たるアメの思想を排除しなかったのである。ここに古事記、日本書紀の偉大さがある。

 世界には、拝外主義や排外主義といふデジタル的な二分法のアメの思想がまかり通っている。我が国と世界における最大の対立は、実のところ、このデジタル的な世界観である「アメ」の思想に、アナログ的な世界観である「アマ」の思想が毒され続けてきたことが原因である。拝外(服従)と排外(対立)は、いずれもデシダル的な世界観である「アメ」の思想であり、その根源は、祭祀を否定する「宗教」の思想でもある。これに対し、アナログ的なアマの思想は、すべてを包摂する「祭祀」の思想の根源である。「アマは祭祀」、「アメは宗教」と集約的に表現することもできる。
 アメは暴力的な「革命」を容認するが、アマはこれを認めずにすべてを包摂する。

 しかし、アマとアメをデジタル的に対立させて認識することも「アメ」的なデジタル思考である。それゆえ、アマの思想とは、アメを全否定して排除することなく、アマを主とし、アメを従として統合するものであって、それが記紀を貫いている理念である。

 個々の生命体(個体)はデジタル的であるが、祖先から受け継ぐ命はアナログ的であり、間断がない。このことが「アマ」なのである。それは祭祀(祖先祭祀、自然祭祀、英霊祭祀)によって日々実感できるはずである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。