スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「占領憲法96条改正の愚行」+動画

*この度はブログ記事に加え、動画でもメッセージをお送りします。

占領憲法第96条第1項の改正条項には「この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。」とある。安倍政権はこれを3分の2から2分の1にハードルを下げようと積極的に進めている。

これは極めて乱暴な行為であると言わざるを得ない。確かに国防の観点から憲法を考察した場合、占領憲法第9条が足枷となっているのは事実であろう。そして、その改正に向けて、まずは96条改正から踏み出そうというのである。しかし、96条を改正することで、硬性憲法である占領憲法が軟性憲法となり、天皇の地位が「主権の存する国民の総意に基づき」、脅かされるかもしれないのである。リベラル左翼政党である民主党が再び政権を担えば、共産党、社民党と連携し、これを実行してくるかもしれない。従って、96条が改正されたことが仇となり御皇室が貶められたら、安倍政権の責任であるということになる。この点は安倍支持者は特に肝に銘じてもらいたい。

最近、縷々申し上げているが、憲法とは何も国防の観点からのみ論じるべきものではない。憲法には、これまで先人が築きあげてきた国の伝統規範や慣習、文化的側面が反映されていなければならない。つまり、國體が反映されていなければならないのである。従って、國體が反映されていないものが憲法であるはずもない。

占領憲法は戦争放棄、基本的人権、国民主権のように三大基本原則においてすら我が国の伝統的価値観を反映していない。とりわけ、基本的人権や国民主権などは共和制憲法に通じるものである。従って、占領憲法は憲法典として当然無効であることは言うまでもない。

にもかかわらず、安倍政権は占領憲法の96条改正を試み、後には本丸である9条改正を狙っている。無効である占領憲法を改正してまで用いるという行為は、我が国の國體に背く行為なのである。従って、憲法改正により何故に「戦後レジームからの脱却」が可能となるのか。説明してもらいたい。憲法改正とは「戦後レジーム」の温存なのである。自民党の「憲法改正草案」の前文には次のような文言がある

≪日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治される。

我が国は、先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する。日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。
我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を振興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。日本国民は、良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため、ここに、この憲法を制定する。 ≫(自民党 日本国憲法改正草案)

以上、自民党の憲法改正草案を引用したが、主として、次の点に着目してもらいたい。①象徴である天皇 ②国民主権の下 ③基本的人権。これらの基本理念はまさに「戦後レジーム」の申し子である。これらをそのまま維持しているのである。従って、安倍政権が言う「戦後レジームからの脱却」とは嘘八百だと断じざるを得ない。

*動画「96条改正は危険である。平和は構築するものである」をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。