スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

維新の会 石原慎太郎衆議院議員の予算委員会での質問

もう相当ツイッターやFBに出ていますので、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
日本維新の会 石原議員が 平成25年2月25日の衆議院予算委員会にて 「日本国憲法」の「無効」について質問をされました。

こちらに貼らせていただきます。


H25/2/12 衆院予算委員会・石原慎太郎【安倍内閣の政治姿勢集中審議】



石原議員は東京都知事時代にも、東京都議会で議事録にきちんと残る形で、日本国憲法の無効を一般質問に答える形で宣言なさっています。
質問の中では憲法を「破棄」とおっしゃっていますが、前後の話でサンフランシスコ講和条約の調印時の話もされていますので、「憲法として無効」であり「明治の憲法に戻して変えればいい」と産経新聞に書かれた時と同じ事を質疑の中ではおっしゃっていますね。

憲法については冒頭部分に話をされていますが、その他の南鳥島の話やエネルギー、防衛、横田基地の空域の問題等、國體護持塾でも問題提起をさせていただいている事をお話されていて、長いですが聞き応えのある質問です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。