スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大の殖産興業は自立再生産業なのです

安倍政権がもうすぐ発足しますね。
自分の目の前の株価や為替が少し安定して来た事だけで、安倍政権を評価する声があります。

株価も為替も気分だけで変動するという不思議なものです。しかし、実際の私達の所得が増えた訳ではありません。
結局は、過剰消費を煽っているのに過ぎないのです。
政府、日銀が消費をあおるような発表をした所で、雇用は増えませんし、物価は直ぐには変動しないでしょう。

まずは、殖産興業を推進しなければ雇用は生まれません。
日本海のメタンハイドレート、南鳥島のレアメタル、ロシアや尖閣の天然ガス、尖閣の石油等のエネルギー資源開発により雇用を創出する事がまずは大事でしょう。同時に、現在原発問題で指摘されている“エネルギー輸入による電力の値上げ”も解決できる事となるのです。

 そして、最大の殖産興業は自立再生産業なのです。

家族単位、地域単位、国家単位での自給自足体制を実現するためには、新たな技術設備、流通網の構築などのが必要です。
これにより、雇用が生まれ消費が拡大する事にもなるのです。

 真正護憲論はこの自立再生社会を実現する為の方法の一つですので、ぜひ一度、自立再生社会についてのご一読くださればと思います。


国体護持総論 第6巻 まほらまと HTML版

まほらまと ~世界中の誰もが必ず仕合せになれる(國體護持總論第〈普及版〉シリーズ第六巻)

まほらまと ~自立再生論まほらまと ~自立再生論
(2009/12/20)
南出 喜久治

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国家論・憲法総論
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。