スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍自民党総裁では「戦後レジームからの脱却」は無理!!

憲法改正を主張する者が「戦後レジームからの脱却」などと言い出している。自民党総裁の安倍晋三氏である。私には安倍氏の主張が全く理解できない。特に、戦後レジームなる概念の対象範囲を、主として国防問題に偏向させている点にバランスの悪さを感じる。もちろん、国防は重要な問題であるが、戦後レジームとは国防に限られたものではなく、戦後、日本人の意志とは無関係に一方的な洗脳工作により善しとされてきた価値観そのものも含めなければならない。とりわけ、ご皇室をはじめ、我が国の伝統に纏わる事象を危険視する、その体制からの脱却でなければならない。一言で言えば、左翼・リベラル思想からの脱却こそが戦後レジームからの脱却である。

安倍氏に代表されるように、改憲論者が言う憲法とは紛れもなく占領憲法である。米国が我が国の弱体化のために押し付け、国際法、帝国憲法の改正条項にも違反し、尚且つ、我が国の国体とは全く相いれない「日本国憲法」なる偽憲法が改憲論者の言う憲法なのである。これのおかげで、我が国は伝統的な規範を年々喪失し続け、フェミニズム、個人主義、現代人権論、悪平等、核家族化、同性婚などの左翼・リベラル思想が蔓延している。よって、改憲論者を「占領憲法を一部修正しながらも温存させたい人」と定義するならば、その「温存させたい」という部分から察するに、彼らの深層心理には左翼とほぼ同等の価値観が潜んでいると思われる。このような人が保守を自称する我が国の将来は実に危ぶまれる。従って、今後、彼らを「深層左翼」と呼ぶべきである。「日本人の規範は占領憲法には非ず。従って、無効である。」と主張する人のみが保守なのである。

この偽憲法である「日本国憲法」の作成には米国のケーディスをはじめ、OSSの関係者、ニューディーラーと呼ばれる米国の左翼がかかわっていることが資料を通じて証明されている。従って、その内容は左翼思想で満ち溢れている。例えば、平和主義、基本的人権と並ぶ三大原則の一つである国民主権は、かつてフランス革命時にルソーの影響を受けた人権宣言における人民主権の系譜をそのまま受け継ぐ概念である。従って、国民主権とは革命国家独自のものであり、我が国には何ら関係がないということを、日本人は事実として知っておかなければならないのである。したがって、この概念を民主主義と近代化の象徴であるとして安易に尊ぶ自称保守は実質的には革命の擁護者であると自覚しなければならない。このような人は歴史学的、思想史的な観点に立つと、王政打倒を推進する存在に他ならない。

フランス革命の代表的指導者ロベスピエールは、国民(人民)主権を根拠として革命を殺戮へと導いたのだが、その折、社会主義的傾向にあったことはあまり知られていない。日本人の多くは、フランス革命を賛美する癖があり、これをブルジョワ革命として捉え、社会主義革命とは疎遠な扱いをしがちであるが、これは大間違いである。当時、ロベスピエールは「私有財産制の廃止」を積極的に主張した訳ではないが、もし、革命が長期化しておれば、これを実行に移した可能性が高いのである。フランス革命の原動力となったロベスピエールの思想を突き詰めれば、必ず、社会主義に到達する。実際、革命時にはバブーフに代表されるように、ロベスピエールの思想を発展させ社会主義を主張するグループが現れた。マルクス、エンゲルスもこれを徹底的に研究している。

以上の事から、国民主権とは社会主義国家を打ち立てるための大前提であると認識しなければならない。つまり、国民主権とは左翼が国王を打倒するために生み出した思想なのである。ところが、改憲論者はこの事実を黙殺する。自民党の憲法草案にも「本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治される。」とある。占領憲法には、ご存じのとおり、天皇の地位は「主権の存する国民の総意に基づく」とあるが、これは主権者である国民が天皇を退位させるという傲慢極まりない可能性を内包している。これが自民党の憲法草案にも生き続けているのである。従って、占領憲法の問題点は国防問題に限定して9条にだけ固執するのではなく、占領憲法そのものが持つ革命的性質にまで言及しなければならない。戦後レジームからの脱却とは「日本国憲法」の左翼的性質を完全に否定することが絶対条件なのである。これを可能にするのは無効宣言と帝国憲法の復元改正である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

安倍さんと戦後レジーム

安倍さんは戦後レジームを完成させようとしているように見えます。「主権回復の日」式典の開催がなによりの証拠ではないでしょうか。なぜこれが分からない日本人がこんなにも多いのか私には全く分かりません。がっかりします。

天皇陛下と国民を愚弄する「主権回復の日」式典
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-224.html

まさに安倍さんは深層左翼といえるのではないでしょうか。靖国参拝を深層左翼の代表に求める人々にも疑念を持っています。日本を破壊している首相、歴史問題に限定しても河野談話を踏襲している日本の首相に参拝されて英霊が喜ぶとは思えません。英霊に対する侮辱ですよ。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。