スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真正護憲論の概説=占領憲法が憲法として無効である理由5/5

 

おはようございます。 さて、無効理由については最終です。明日からは、日本国憲法が憲法として有効であるという考え方についての概説をUPいたします。


5 憲法改正案がほとんど審議されていません

 憲法改正手続の時期は、国民は憲法改正よりも食糧確保に最大の関心があったときであり、しかも、プレスコード指令や神道指令などによる完全な言論統制と厳格な検閲がなされ、大量の公職追放がなされた状況での形式的で極めて短い本会議審議、さらに、マッカーサー草案の英文表記を翻訳することに終始した委員会審議であったことが明らかになったことからして、自由な政治的意志の実現とは程遠いものがありました。しかも、すべてGHQの強制と指示によるもので、こんな不十分極まりない形式審議によって暴力的に生まれた占領憲法が憲法であると強弁する人は、本当に日本人なのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。