スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占領憲法制定の道 =沖縄戦の日に思う=


 
6月23日は沖縄戦、終結の日<沖縄県制定の 慰霊の日> とされていますね。
昭和20年4月にアメリカ軍が上陸して来て、地上戦が行われました。本当に悲惨な攻撃が沖縄にはなされたのですが、なぜ、そこまでして日本は戦わなくてはならなかったのか?
国体護持総論 第5巻 ”はらひしたまへ”より抜粋させていただきます。
(原文より抜粋の上、かなや段落を変更しています。)

元の文章はこちら → 國體護持塾 HP  国体護持総論

 我が国が、沖縄戦を死力戦として戦い、本土決戦まで覚悟せねばならなかったのは、従来までの近代戦争における講和条件が、領土の割譲や賠償金負担、それに軍備の縮小までであったのに、昭和十六年八月の『英米共同宣言(大西洋憲章)』では「敗戦国の武装解除」まで求めていたためであった。

 完全武装解除は将来における自衛権の完全放棄となり、国体の護持が危うく、国家滅亡に至る驚天動地の要求であるとの我が政府の判断は当時としては当然のことである。


 従って、その延長線上のポツダム宣言を直ちに受諾することはできず、最終的にこれを受諾するまでに慎重な討議や検討のため然るべき日数を要したとして、それを単なる逡巡であるとして非難することできない。

 つまり、来るべき講和条件の受諾において、国家の滅亡を回避するための譲歩を少しでも得るために、沖縄戦を戦い抜き、その強い抵抗を示し、もって譲歩を求め、

 それでも譲歩が得られないときは本土決戦という決死の覚悟をしてでも国家滅亡を回避せねばならなかつた政府の苦悩と沖縄県民の痛みは、沖縄防衛軍の大田実司令官の「沖縄県民かく戦へり。県民に対し後世特別の御高配を賜はらんことを」との最後の言葉に凝縮されている。


 
 今、沖縄で日本を守るために立派に戦われた軍人、民間人の方を顕彰すると同時に、太田実司令官の『県民に対し後世特別の御高配を賜はらんことを』この実現にはどうするべきか?を再考したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。