スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪シンポジウム動画UP

2月19日に大阪の難波神社で行われました、新春のシンポジウムの動画編集が出来ましたので、アップいたします。
講師は
若狭和朋先生 
南出喜久治先生

若狭先生は司法試験に合格後、通産省に入省され、大切な人を亡くされ雲水をされていたところを岐阜県の関市長に請われ、岐阜県の公立高校の教員として教えてこられましたので、その教育の現場でのお話をしていただいています。
特に、歴史教育のところで、きちんとした歴史の授業を生徒たちにされた後の高校生の成長ぶり、態度などの変わり方などは非常に共感できるものがあります。

そして、南出先生は日本の自立再生論の一部である、人間の本能を鍛えるという人が生きていく上で、もっとも必要な能力でありながら、現在の私たちにもっとも欠落している本能についてのお話をしていただいています。
命を大切にといい、子供を守ることばかりでは、子供の本能<自分を守り、家族そして国家を守る本能>が全く育たない、命を守るという点で口蹄疫や鳥インフルエンザの殺処分についても触れていただいています。

次回の國體護持塾 公開講演は 4月23日(土曜日)です。
國體護持塾 大阪シンポジウム
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。