スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神職さんのつぶやきと神人共食


 しばらくずっと占領憲法・皇室典範無効の請願(東京都・石垣市)や5月26日の勉強会、6月8日の請願署名提出をする集会や6月13日の東京都議会での一般質問のご案内 とイベントが満載でしたので、なかなか祭祀のお話なんかができませんでしたが、昨日、神社さんの例大祭のお手伝いに行った際に神職さんと雑談をしていましたらこのようなお話を頂きました。


 「神社でもね、神様は奉るものではないんですよ。一緒に対峙してくれているんですよ。生きている人でも奉られるようになったら終わりな人が多いでしょう(笑) 私達も、神様に『今日は珍しい物が入りました、うちの畑でとれた物です』と話しかけながら供えて、夏、本殿を開けっ放しにするときは『今日は暑いですし、風を通しますね』と話かけながらるんです。朝来たら『おはようございます』帰る時には『失礼致します』こうやって相対して、お努めするんですよ」

 というお話をお伺いしました。

 
 南出喜久治先生が書いていらっしゃる 青少年の為の祭祀の道 にも同様のお話がありますね。

 青少年の為の祭祀の道 
第一回 神人共食


 お正月に使用するお箸『祝い箸』は両側、どちらでも食べる事ができますが、これはご先祖様(祖霊)と一緒に食事をする為に両側から食べる事ができるようになっているのです。
 食事の前の『いただきます』や食べ終わってからの『ごちそうさま』も同じです。
 また、家に帰ったら、家族に『ただいま』 と言うようにご先祖様(祖霊)にも『ただいま』と声に出して、ご先祖様(祖霊)に声を出して、話かける事が大切なのだと・・・

 この実践が大事なのだと思います。

 とりとめもない話ですが、なるほどと思いましたので、再度紹介させて頂きました。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【神職さんのつぶやきと神人共食】

 しばらくずっと占領憲法・皇室典範無効の請願(東京都・石垣市)や5月26日の勉強会、6月8日の請願署名提出をする集会や6月13日の東京都議会での一般質問のご案内 とイベントが満載でしたので、なかなか祭祀のお話なんかができませんでしたが、昨日、神社さんの...

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。