スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほらまとと商人道 =みすまるお話⑤=



今日で5回目ですが、熊本で南出喜久治先生がお話された、商人道(しょうにんどう)についてのお話を掲載しています。


今まかり通っているアメリカ的な発想の経営感覚、ぱっと利益を上げて将来の長期に渡る設備投資とか、試験研究は、ほとんど何もしないで、刹那的にその時だけ利益上がったらいいというやり方で経営している。

それが会社の経営と所有の分離によって、極めて無責任な体制になっている。所有と経営を分離すると言うことは大企業でよくしてるんだけど、簡単に言うと雇われ社長でオーナーではない人間が経営をする。そうするとオーナーは少しでも自分の会社を大きくしたい、堅実にしたいと、ところが経営者というのは、いずれどうせ交代するんだから、自分の経営の間だけ良かったらいい訳です。で、自分も良かったらいい訳だから、自分の地位が長く続いて自分の収入が長くやられるということが目的になってしまうから長く続かない。だから、所有と経営は絶対に一体にするのが本来の経営なのです。


自分が引退して所有株持っててだれかに経営させるやり方っていうのは結果的には好ましくない方向に行っている。どうしてかと言うと今の日本の企業はアメリカの経営を見習って会社が小さい時は自分が借金して、銀行も相手にしてくれないし、自分が個人保証して借金して経営していくね、元々、株式会社というのは、銀行が金を貸してくれないから、多くの人からお金を集めて会社を作るというのが本来、株式会社の制度な訳。

ところが、今の株式会社は、そんな制度なんてほとんど無くて、銀行は、初めにできた段階ではほとんど信用が無いから、個人保証などの形でないと貸してくれない。それで大きくなって、特に上場ができるような程になると、今度はキャピタルゲインと言って、上場するために創業者利益を上げて株式を公開してしまう訳、ということは株式公開してしまうともともと株主が自分達だったという、所有と経営が一体だった状態から、所有と経営を分離させて、会社が乗っ取られやすい方向に行ってしまう。


折角、自分達が育てた企業を乗っ取られ易いような方向にして、それの対価としての創業者利益を得る。
つまり、株式を上場することによって得られるその株価の差額で多くの儲けを得るわけ。 全株自分が持ってたら上場できないから分散さて株を売らないといけない。一株、例えば5万円の株が20万で売れたら、1株15万円が創業者利益になる訳。会社が乗っ取られやすいような方向に、自分の手塩にかけた企業をわざわざ持っていく、いずれは会社を手離すようなやり方で会社が大きくなってくるとやっと銀行は貸してくれる。


会社が小さいうちは貸さない訳。よく言うでしょ、金融機関は、雨降りの時には傘を貸さないで、晴れの日に傘を貸しにくる。つまり、一番欲しい時にはお金を貸してくれないで、自分の資金力でやっていける段階になると借りてくれ借りてくれと言ってくるそれが今の金融制度なのね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。