スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無効理由その四 成文廃止の無効性 =とこしへのみよより=

もともと成文法でなかった皇室典範は明治期に成文化されました。では、戦後の占領皇室典範が無効ならば、明治期に成文法となった皇室典範も伝統に基づくのならば無効ではないのか?という疑問もあるかと思います。
成文法自体を廃止せず、成文法を保持するという点についてのお話です。 


 『皇室典範及皇室典範増補廃止ノ件』は、「明治二十二年裁定ノ皇室典範並ニ明治四十年及大正七年裁定ノ皇室典範増補ハ昭和二十二年五月二日限リ之ヲ廃止ス」とするだけで、これは規範の廃止(無規範化)ではなく、成文の廃止(不文法化)として理解し得る余地があるからである。
 

 成文化が進んでその予測性が高まれば高まるほど逆に柔軟性が低くなり、形式的な硬直した規範の適用と運用という弊害を生じる。

     ( 中  略 )

成文法制化は必然的な趨勢となっている。このことからして、我が国も成文法制化に踏み切ったのであって

     ( 中  略 )

 正統典範の一部を一旦成文法化したのは、皇位継承の順位などに関する争いや混乱を回避して予測性を高めるためであって、


 従って、明治典範を廃止して、それ以前の不文法(自然法)に復帰することについては、明治天皇の御叡意を蔑ろにするに等しく、しかも、それが占領下の非独立時代における強制下のものであったことからして、やはりこれを有効であるとすることはできない。


とこしへのみよ ~日本国憲法は憲法として無効です。私達の正統憲法である大日本帝国憲法は今も生きています。とこしへのみよ ~日本国憲法は憲法として無効です。私達の正統憲法である大日本帝国憲法は今も生きています。
(2011/11/29)
南出 喜久治

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

旧皇室典範もご皇室の信仰、伝統、文化、慣習を破壊しましたよ。
例えば、最近天皇陛下の退位について一部で話題になっていますが、明治維新以前は、災害や飢餓があれば天皇陛下は退位しておられました。
これだけでも明治朝廷(派)が本来の日本の信仰、伝統、慣習、文化を破壊した革命家だと分かるでしょう。
しかも明治朝廷(派)は維新に難色を示した孝明天皇を暗殺しました。
いつまでテロリストが起こした革命である明治維新を支持し、明治以降絶対主義思想に洗脳されているのですか。。
歴代天皇陛下が悲しんでおられますよ・・・・・。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。