スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇室典範の無効理由 2 法形式の相違

引き続き11月29日に発売される『とこしへのみよ』より一部抜粋してUPさせていただきます。
皇室典範の無効理由 2つめは 法形式の相違

明治までの皇室典範は、憲法と同等の規範であったのに対し、戦後なぜか法律として皇室典範が新たに制定されているのです。
憲法がいきなり法律になる不思議さがこの法形式の相違という、占領期の皇室典範が無効である理由です。
以下転載いたします。



次に、占領典範が無効であることの理由としては、前に述べたとおり、明治典範を含む実質的な典範(正統典範)は、帝国憲法と同等同位の規範であるのに、下位の法律として制定することができないとの点である。
 
  -中略-

つまり、実質的には、帝国憲法を占領憲法によって全面改正したとされるのと同様に、明治典範を占領典範によって全面改正したということなのである。ところが、前述したとおり、帝国憲法と明治典範とは、同等同位の規範であり、憲法と同位の規範事項をそれよりも下位の法形式で制定し、法の守備範囲を逸脱することはできない。典範事項を法形式を異にする法律事項として制定することは、法体系からして不可能であって、占領典範は無効である。


まほらまと草紙 ねっと書店

とこしへのみよ ~日本国憲法は憲法として無効です。私達の正統憲法である大日本帝国憲法は今も生きています。とこしへのみよ ~日本国憲法は憲法として無効です。私達の正統憲法である大日本帝国憲法は今も生きています。
(2011/11/29)
南出 喜久治

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。