スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育勅語

朕惟(ちんおも)フニ我(わ)カ皇祖皇宗國(こうそこうそうくに)ヲ
肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ
徳(とく)ヲ樹(た)ツルコト深厚(しんこう)ナリ
我(わ)カ臣民(しんみん)克(よ)ク忠(ちゅう)ニ
克(よ)ク孝(こう)ニ
億兆心(おくちょうこころ)ヲ一(いつ)ニシテ
世々厥(よよそ)ノ美(び)ヲ濟(な)セルハ
此(こ)レ我(わ)カ國體(こくたい)ノ精華(せいか)ニシテ
教育(きょういく)ノ淵源(えんげん)
亦實(またじつ)ニ此(こ)ニ存(そん)ス
爾臣民父母(なんじしんみんふぼ)ニ孝(こう)ニ
兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ
夫婦相和(ふうふあいわ)シ朋友相信(ほうゆうあいしん)シ
恭儉己(きょうけんおのれ)レヲ持(じ)シ
博(はく)愛衆(あいしゅう)ニ及(およ)ホシ
學(がく)ヲ修(おさ)メ業(ぎょう)ヲ習(なら)ヒ
以(もっ)テ智能(ちのう)ヲ啓發(けいはつ)シ
徳器(とっき)ヲ成就(じょうじゅ)シ
進(すすん)テ公益(こうえき)ヲ廣(ひろ)メ
世務(せいむ)ヲ開(ひら)キ
常(つね)ニ國憲(こっけん)ヲ重(おもん)シ
國法(こくほう)ニ遵(したが)ヒ
一旦緩急(いったんかんきゅう)アレハ
義勇公(ぎゆうこう)ニ奉(ほう)シ
以(もっ)テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ
皇運(こううん)ヲ扶翼(ふよく)スヘシ
是(かく)ノ如(ごと)キハ獨(ひと)リ朕(ちん)カ
忠良(ちゅうりょう)ノ臣民(しんみん)タルノミナラス
又以(またもっ)テ爾(なんじ)祖先(そせん)ノ遺風(いふう)ヲ
顯彰(けんしょう)スルニ足(た)ラン
斯(こ)ノ道(みち)ハ實(じつ)ニ
我(わ)カ皇祖(こうそ)皇宗(こうそう)ノ遺訓(いくん)ニシテ
子孫(しそん)臣民(しんみん)ノ倶(とも)ニ
遵守(じゅんしゅ)スヘキ所(ところ)
之(これ)ヲ古今(ここん)ニ通(つう)シテ謬(あやま)ラス
之(これ)ヲ中外(ちゅうがい)ニ施(ほどこ)シテ悖(もと)ラス
朕爾(ちんなんじ)臣民(しんみん)ト倶(とも)ニ
拳々(けんけん)服膺(ふくよう)シテ
咸其徳(みなそのとく)ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ

明治二十三年十月三十日 御名  御璽



<意味>
親を敬い、大切にし、兄弟は仲良くしましょう。
夫婦は仲むつまじく、友は互いに信じ合いましょう。
謙虚に、つつましさを忘れず、すべての人を等しく愛しましょう。
よく学び、よく働き、そうして得た知識と人徳をさらに高め、才能を伸ばしましょう。
そしてそれを広く、世の中の人々や社会のために尽くしていきましょう。
常に憲法を重んじ、法律や規則を守り、私たちの国に危機が迫ったときは、
正義にかなった勇気を奮い起こし、この国の永遠の繁栄ために力を尽くしましょう。
これらのことは、単に善良な国民として生きる、ということだけでなく、
祖先たちがこれまで営々として築き上げ、遺してきた美風を称え、
さらに確かなものにしていくことに繋がることです。
この美風は、明らかに私たちのご先祖がお遺しになり、受け継がれてきた教えであって、
その子孫にあたる私たちも、ともに守って行かねばならないところです。
この教えは、今も昔も、さらにこの先もずっと、いつの時代においても間違いのないものであり、世界に通じるものです。
私もまた、国民とともにこの祖先の教えを胸に抱いて、立派な日本人となることを願っています


この教えは、いまから百二十年前の明治二十二年、時の天皇、
明治天皇が「教育二関スル勅語」として世に知らしめられたものです。

子どもへの虐待、家庭内暴力、相次ぐ殺人。汗を流し、泥にまみれて働くことを忌み嫌い、
見栄に満ちた生活ばかりに人々の憧れが集まる。地球や自然の営みの中で、
人は生かされていることを忘れ、自分たちの住む国や社会に背を向ける無責任さ。
いまの異常な世の中をすべて言い当てていることに気づきます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。