スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すめらみことと大日本帝国憲法

『すめらみこといやさか』という言葉があります。
日本は、伝統国家です。『すめらみこと』とは、統治の主宰者である天皇という国家機関、そして、『すめらみこと』は常に天皇を兼務していらっしゃるのです。
『天皇陛下万歳』という言葉は、その代の天皇、天皇統治を称えるもので、『すめらみこといやさか』という言葉は、その天皇、天皇祭祀を称えるものになります。

「すめらみこと(総命)」が「しろしめす(知ろしめす)」「しらす(知らす)」と、祭祀と統治の統合を意味するのです。
その祭祀と統治とが一緒になったものが国体(くにから)になるのです。

大日本帝国憲法 第1条 大日本帝国は万世一系の天皇之を統治す

という条文は、日本のくにからともいう、祭祀を含んだ統治を意味しているのです。

出典 『くにからのみち』 南出喜久治 著

くにからのみちくにからのみち
(2009/12/20)
南出 喜久治

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すめらみこと いやさか いやさか いやさか
天皇陛下    万歳      万歳      万歳   !
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。