スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無効理由 その6 法的連続性の欠落

 日本国憲法(占領憲法)は、大日本帝国憲法を改正するという形で誕生しました。実際の内容はどうでしょうか?改正というのは、各条文の不適当なところ、不備を改めるということですが、日本国憲法(占領憲法)と帝国憲法は条文が全く入れ替わっており、改正の限界を超えた改正、つまり、全く法的連続性がなく無効だといえます。
 マッカーサー声名(昭和21年6月23日)でも「帝国憲法との完全な法的連続性を保障すること」とあるのに関わらず、改正の限界を保障したこの声明の趣旨に自ら違反しています。
 ましてや、帝国憲法と同格の明治皇室典範を廃止し、新たに皇室典範(占領典範)を法律としてしまったことは、法形式上でも法的連続性が認められません。法的連続性というのは、成立要件要素の合法性と正統性、効力用件の妥当性と実効性のいずれもを満たすべきなのですが、その全てが欠落しているのです。
 日本国憲法(占領憲法)は改正という手続きの形式だけは外見上、完璧に見えます。しかし、この完璧さだけで日本国憲法(占領憲法)が有効であるとするのは、その成立、効力要件からして成立たないのです。

出典 『占領憲法の正體』 南出喜久治著
占領憲法の正體占領憲法の正體
(2009/04/03)
南出 喜久治

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。