スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本能論と理性論

*合理主義こそ不幸の元凶
人の精神活動は、有機的かつ総合的なものです。人の精神活動を、理性にばかり着目し、分析的に解明しようとする試みは、朱子学もそうであったように、非科学的であり必ず破綻する運命にあります。

これと同様に、自己が編み出した観念論とは全く隔絶し、欲望の赴くままに生きたルソーの思想や、「個人の尊厳」を振りかざす現代人権論が根ざしている合理主義(理性論、理性主義 rationalism)は、理性を善とし本
能を悪とする単純な二元論で、その非科学性によって破綻するのは当然の帰結なのです。

 先ず、この合理主義を貫くと、身分関係を契機とした相続などの世襲制度や、扶養などの家族制度は、理性的に獲得したものではない「婚姻関係」や「血縁関係」に基づくため、完全に否定されなければなりません。

 しかし現代人権論を唱える学者や政治家、それに社会活動家は、誰一人としてルソー流の透徹した合理主義による主張をしない。それは己を欺き、人を欺くルソーの人格と、同じ人格を持ち合わせているためでしょう。

 この合理主義という考え方自体が根本的に誤りなのです。長い間人類を不幸に陥れた元凶であることは、次回詳述しますが、合理主義に毒されると、理性による結論に対して感覚的に違和感を覚え、これが誤っていると感じても、合理主義に根ざす限り、それを論破することはできなくなってしまうのです。

 そもそも、この合理主義は、科学的な手法を用いて誕生したものではありませんでした。つまり合理主義は、科学(自然科学、社会科学)ではなく、非科学的な「宗教」といえます。

科学とは、おおむね二元論と要素還元論による分析的思考という手法の枠組みを利用して発展したものですが、合理主義はそうではありません。物事の本質を全体的、総合的に捉えることが不可能な場合、全体としての物事を構成するいくつかの具体的な細部(ディテール)に分類し、さらにその各部分がそれぞれ成立しうるためのいくつかの要素に分解し、その分解された要素に該当するか否かの二元的思考を経て、全体としての本質に迫ろうとする手法が科学です。その前提として多くの実験事実(情報)を収集、整理、分析して体系化を試み、それによって立てられた仮説にこれまでの実験事実を当てはめて矛盾がないかを判定します。もし矛盾が生じれば、また新たな仮説を構築して検証し続けていくという試行錯誤によって、その仮説が普遍性を持つと確信するまで探求する手法が科学的手法なのです。


 しかしプラトン哲学からの歴史を刻んできたこの合理主義という仮説は、そもそも実験事実が存在せず、この仮説に矛盾を含むか否かの検証が一度もなされたことがないのです。現代の動物行動学(エソロジー、ethology)、心理学、脳科学などからすると、合理主義の仮説が破綻していることは以下の理由からして明らかです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。