スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無効理由その一 -改正の限界を超越-

無効理由その一 -改正の限界を超越-

 憲法や典範(ここでは皇室典範)の中には、最高・根本規範となる、
規範国体に反するという理由で改正が認められない物があります。
もちろん、この論理は、国体論を語る上では当然ですが、憲法論上でも
国体を破壊する改正は出来ないとする「改正限界説」の面から、肯定できるものなのです。
 日本国憲法(占領憲法)は憲法の改正の形式、現在の皇室典範(占領典範)は
明治期の皇室典範を廃止した上で、新たな法律として制定するという手順を取ってはいますが、
その実、改正なのです。

 帝国憲法上では、第1条「大日本帝国は万世一系の天皇が之を統治す」、また
第4条「天皇は国の元首にして、統治権を総覧し、この憲法の条規に依りて之を行う」とあり、
そもそも国体の変更ができない、また、政体の基本的な制度についても、根本規範のため、
改正自体ができないのです。
なので、国体・政体の変更をした、現在の日本国憲法(占領憲法)は無効となるのです。
これは、現在の皇室典範(占領典範)も同じことですね。
 敗戦後の混乱期に食料を得るため(GHQより食料が渡されていた)、
地位(GHQによる公職追放)のため、多くの憲法学者が変節をし、
この改正の限界を超越<改正限界説>を捨て、憲法が改正されることとなってしまったのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。