スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさなここち 『お風呂』-3/3

うけひのもり学園で子供向けに書いていただいている おさなここち 大人が読んでも非常に勉強になります。
本日は最終回。


そして、このような禊ぎのための沐浴がだんだんと世俗的に広く浸透して全国的に入浴の風習が生まれました。ですから、お風呂に入るというのは、もともとは祭祀のための斎戒沐浴の意味があるのです。
 しかし、お風呂に入ることを難しく考えて、緊張してお風呂に入りなさいと言っているのではありません。いつものとおり、楽しくゆったりとお風呂に入ればいいのです。
 ただ、ひとつだけ心がけてほしいことがあります。それは、お風呂に入るということは、食事をすることと同じだということです。
 食べ物は、それを食べることによって私たちの命を保っていくのですから、食事の前に「いただきます」、食事の後に「ごちそうさまでした」とご先祖様にご挨拶します。ところが、食べ物には栄養分だけでなく水分も含まれています。ですから、食事をすることは、水をいただくことでもあるのです。

 そうすると、お風呂に入るというのは、食事以上に、もっと沢山の水をいただくことなります。お風呂に入って髪や体はきれいになり、気持ちよくなりますが、髪や体の汚れを文句も言わずに水が引き受けてくれるのです。ですから、このことを感謝しないではいられません。食事の前にご挨拶するのであれば、お風呂に入る前にも、「お世話になります」とか「いただきます」と言ってご挨拶しないとおかしいでしょう。そして、お風呂が終わった後でも、食事の後と同じように、「お世話になりました」とか「ごちそうさまでした」とか何でもよいですが、必ず声を出して言ってみましょう。声を出さなくても柏手を打つだけでもよいのです。声でも柏手でもよいのですが、音を出すことが大事です。そうすれば、気持ちがもっとすっきりするはずです。

 そうして、お風呂では、ゆっくりとくつろいで暖まってください。お父さんやお母さんから、一から百まで数え終わるまでお湯に浸かるようにと言われたとしたら、その時間は約一分です。体をよく暖めるためには充分な時間ですが、そんなとき、単に数を数えるよりも、できれば、「教育勅語」を唱えてみてください。ゆっくり唱えても、これも約一分です。数を数えるよりも、教育勅語を唱えた方がより大きな達成感があるはずです。そのことによって、無言で汚れを引き受けてくれる水へ、あなたの感謝の気持ちがもっと伝わるはずです。

スポンサーサイト
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。