スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぞましいものを利用する

おぞましいものはこの世にいくつも存在する。糞尿、害虫、占領憲法・・・。しかし、おぞましいからといって排除して、「ハイ終わり」で済むだろうか?そうしたい気持ちはよくわかるが、それができないのが日本人である。

物を廃棄せず、再利用する。これが日本人の生活の知恵である。

日本人は糞尿に至るまで、肥料として用いてきた。奈良・吉野のどエライ田舎で生まれ育った母が言うには、糞尿を肥料にした昔の野菜は相当美味しかったようで、栄養満点だったそうである。だから、日々の食事は野菜と漬物とお粥だけだったが、元気に生きていた。時々、行商が来て、魚を頂くこともあったらしいが、これは珍しいことだったという。

私の母の故郷では害虫も再利用する。あの、世にも恐ろしいムカデさんが出たときには、それをやっつけて油の中に入れて薬にしていた。私は子供の頃、怖いもの見たさから、それを入れたガラス瓶を底から見上げるのが好きで、あまりの気色悪さに、弟に見せて楽しんだ。しかし、この薬は臭いのだが、実によく傷に効く。害虫と言われる生き物も、生活に役立つのである。

西洋思想は人間中心主義であり、人間に害を及ぼす物は圧倒して制覇して、叩き潰す。共生はしない。しかし、あとになり、生態系の変化に気づき、慌てて保護をする愚かさである。

占領憲法はどうだろうか。これは日本人にとって心底害悪である。日本人の価値観を否定し、毒を注入し骨抜きにする。当然、これを叩き潰して、早く葬り去らねばならない。だから、私は無効宣言することを主張している。しかし、これは国の中枢にまで入り込み、即座に破棄すれば、国の法体系や裁判の判例にまで影響を被る。

だからこそ、ここで日本人は知恵を発揮する。

真正護憲論では、占領憲法は帝国憲法第76条に基づき、帝国憲法に矛盾しない限度において、その効力を認め、再利用するのである。たとえ、こういうおぞましい「憲法」であっても、それを何らかの形で再利用し、一端留保させる。何もアメリカ人が作った物だからといって、即座に叩きだす必要はない。占領憲法を薬のように上手く利用して、左翼をなだめるための精神安定剤にも使える。いきなり破棄することで、うるさい連中が騒ぎ出すから、一端、留保させ、国民を安心させられる。「実は占領憲法は講和条約でした」ということで、「言われてみればそうだよなあ」との声が出てくるに違いない。そして、我が国が帝国憲法の復元改正への道筋が確保できた時点で破棄すればよい。




スポンサーサイト
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。