スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭祀の道-第五十八回 家産と貨幣経済(その四)-1/2

本日1月31日は旧暦の元旦にあたります。
旧暦の大晦日にあたる本日と元旦の明日の2日にわたって掲載いたします。

塾のHPに掲載されているのは正統かなにて掲載しておりますが、こちらには読み慣れた物、一部かなをつけたものを貼らせていただきます。


(青少年のための連載講座) 祭祀の道

           第五十八回 家産と貨幣経済(その四)

                    南出喜久治
                    平成二十六年元旦記す

かてともの こづちふれども うみだせず くがねもでずに おとのみぞする
 (食料と商品打出の小槌振れども生み出せず黄金も出ずに音のみぞする)

 「経済学を学ぶ目的は、経済の問題に対して一連の出来合いの答えを得るためではなく、どうしたら経済学者に騙されないかを学ぶことである。」

 これは、ケインズ革命と称された、あのジョン・メイナード・ケインズの弟子で、当時は女性初のノーベル経済学賞候補にまでになったケインズ学派の女性経済学者ジョーン・ロビンソンの言葉です。この言葉は、現在の経済学が科学ではなく、宗教にも似た擬似科学の偏向思想であることを端的に自白していることになります。こんな正直なことを言う人だったために、彼女はノーベル経済学賞を逃したのです。

 彼女の師匠であったケインズは、大東亜戦争末期の昭和19年、アメリカのブレトン・ウッズの国際会議にイギリス代表団を引き連れて参加し、ブレトン・ウッズ体制の基軸となる国際通貨貨基金(IMF)と国際復興開発銀行(世界銀行、IBRD)の設立に尽力し、この会議でバンコール・システム(bancor-system)の導入を提唱しました。これは、イギリスなどが提唱したもので、金(gold)など30種類の基本財を本位財とした「バンコール」(bancor)といふ人工貨幣単位(世界通貨)を導入する案であり、アメリカ一極支配に反対したケインズの提案でした。
 しかし、ドルを世界通貨として通用させたいFRBの金融傀儡国家アメリカの強い反対を受け、しかも、この提案を阻止するため、アメリカはイギリスに実質的に無担保で大量の貸付を行う米英金融協定を破棄することになると申し入れたことから、イギリスはこの提案を断念し、金本位制を維持することを条件としてドルの一極体制を支持することになったのです。ケインズは、第一次世界大戦後においては、金本位制への復帰に反対して管理通貨制度を提唱しましたが、第二次世界大戦後は金本位制を支持したのです。経済学者というのは、まさにご都合主義に身を委ねた職業であることが、これだけでも判ります。

 大航海時代から、世界的規模で金本位制や銀本位制(併せて金銀本位制)が採用されるようになり、最終的には現在のように、いわゆるニクソン・ショックによって金銀本位制を完全に放棄して管理通貨制度となって変動為替相場制になりましたが、それまでにおいて、本位制を廃止したり復活させたりする紆余曲折の複雑な歴史を経てきました。

 19世紀から20世紀の時代は「戦争の世紀」ですが、その主な原因は、食料、エネルギーなどの物資争奪であり、それを正当化する思想の戦いでありましたが、どの思想であっても、つまるところは通貨制度についての明確な理論とその実践がなかったことが、世界の混乱を増幅したと言えます。

 これまでの通貨制度の歴史について詳しく解説している経済学の書物は沢山ありますが、どうして世界がこれまで金銀本位制に拘ってきたのかの理由について述べた書物はどこを探してもありません。ましてや、通貨の本質論については、アダム・スミス、ワルラス、マルクス、ケインズ、フリードマンなど、誰も探求した人は居ませんでした。

 通貨というものは、使用価値のある物資同士を等価交換したり、その物資を生み出す労務の価値を計数的に表現したりするなどのために間接的に必要となる道具であり、それ自体に使用価値があるものではないのです。つまり、通貨は、その価値を生み出した人が、それを別の物資や労務と交換するために必要となるもので、通貨を発行する権限は、本来は、価値を生産する人それぞれが持っているものなのです。通貨は、物資を生産すれば、それと等価のものが発行され、それを消費してなくなれば、交換できなくなるために通貨は破棄されなければなりません。ある個人が生産した生産物(A)の価値に対応して個人的に作った通貨(a)を発行し、その通貨(a)を支払って別の物資(B)を求めることができますが、その通貨(a)を回り回って取得した誰かが、初めの生産物(A)との交換を求めてきたときは、それを引き渡すことになります。
 ところが、生産物の量と価値はAなのに、それを超えて通貨を発行するとなると、とんでもないことが起こります。例えば、2倍や3倍の通貨の量(2a、3a)を発行するとなると、その余剰の通貨を取得した人は、その通貨量に見合った物資Aが取得できないことになります。まさに、「椅子取りゲーム」になってしまうのです。こんな過剰発行は、詐欺、ペテンの行為で許されないのです。しかし、そのことが容易には発覚しません。椅子取りゲームであれば、合図のホイッスルが鳴ったときに、座りそびれた人が、自分の座る椅子がなかったことに気付くのですが、次の年も、また次の年も米を生産し続けていると、年次生産量と年次消費量とが詳細に把握しにくくなり、通貨の不正発行や水増し発行があっても判らなくなります。ホイッスルが鳴るときというのは、戦争や災害の時ですから、そんなときが来ない限りは、いつまで経っても合図のホイッスルが鳴らないのです。全員が座れると信じ込ませて、いつまでもいつまでも永遠に回り続けている状態なのです。
スポンサーサイト
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。